ダイエット

産後の体重が落ちない

妊娠と共に一気に増えた体重ですが、産後も体重が減らないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

ここでは、平均的な産後体重の減り方の推移グラフをみていきたいと思います。

また、産後に体重減らない原因や完母・完ミ・混合で体重の減り方が違うのか、2人目は減りにくいのか、体重減少が止まらない場合の原因もみてみましょう。

スポンサーリンク

産後体重の減り方をグラフで見てみよう!

ダイエット

ここでは、平均的な産後の体重の減り方の推移をグラフでみていきたいと思います。

ダイエット

これは、妊娠前の数値を含めた産後の体重の変化を表すグラフになります。

産後の体重が減少し始めるのはいつから?という疑問がありますが、産後の体重減少は産後すぐから始まります。

産後の体重減少ペースには個人差がありますが、産後すぐ~産後1ヶ月にかけては5キロ~6キロほど減る人が多いようです。

産後1ヶ月~2ヶ月の間は、それほど体重の変化はなく、産後2~3カ月にかけて2~3キロ落ちる人が多いようです。

産後体重が最も減少する時期は、この産後直後~産後3カ月までが多く、それ以降になると減り方が少なくなる傾向がみられます。

ただ、この産後の体重減少はあくまでも目安なので、体重減少のペースやどれくらい減るかは個人差があります。

また、人によっては産後の体重が増えたり減ったりして安定しない人もいるようです。

スポンサーリンク

帝王切開の産後体重の減り方

帝王切開の人も普通分娩の人と同じように、出産直後から体重が減り始めます。

産後直後から産後1ヶ月の間に5キロ~6キロほど減る人が多く、それ以降は緩やかに減っていきます。

>>産後ダイエットはいつから?いつまで?

産後に体重減らない原因は?

ダイエット

産後の体重が減らない、または妊娠前より体重が増えたという人は、妊娠昼や産後に食べ過ぎた可能性があります。

産後は、身体が十分回復していないので、運動もさほどできず、余分なカロリーを消費できません。

また、10ヶ月近くも運動をしておらず、筋肉も弱っているので、脂肪を燃焼させる力も弱くなってます。

さらに、身体が回復の為に必要なエネルギーを蓄えようとするので、いつも以上に余分なエネルギーが体内に溜まりやすくなります。

母乳育児や混合育児の人は、ママの栄養を母乳を通して赤ちゃんに分け与えることになるので、ミルク育児のママよりも食欲が増します。

母乳に代わることのできない栄養は、そのまま脂肪として蓄積されることもあるので、太りやすくなります。

スポンサーリンク

完母・完ミ・混合で体重の減り方が違うの?

ダイエット

母乳をあげていると自然に痩せる

こんな噂を聞いたとこはありませんか?

ただ、この噂、本当であって本当でないんです。

というのも、正確には「母乳をあげていると痩せやすくなる」なのです。

【関連記事】【母乳=痩せるではない】産後ダイエットで痩せない理由と痩せる方法

なので、母乳を完母や混合だから勝手に痩せるし好きなだけ食べてもいいということにはなりません。

先ほどもお伝えしたように、母乳を通して赤ちゃんにあげる分の栄養は摂取しなければなりませんが、余った栄養が脂肪としてママの身体についてしまうこともあります。

その他、必要以上にカロリーの高いものを食べていたり、油っぽいものや甘いものを食べ過ぎたりすると太ってしまいます。

また、完ミの人は自分の栄養を赤ちゃんに分け与えない分、食べたものがそのまま自分の身についてしまいます。

なので、完ミ育児の人も完母育児や混合育児のママと同様、食べすぎには注意する必要があります。

>>産後ダイエットの食事ポイント

>>簡単産後ダイエット食事レシピ16選

2人目は体重が減らないの?

ダイエット

産後の体重の減り方が二人目だと遅い。。

そんな風に感じているママもいると思います。

2人目を出産した後の体重が減らない理由としては、一番に加齢による基礎代謝の減少があげられます。

1人目の時と比べたら、2人目を出産した時の方が年齢が上がっていますし、その分代謝機能が衰えています。

その為、1人目と同じように食事制限や運動をしても、2人目の時の体重はなかなか落ちないとうことが起こってしまいます。

>>産後ダイエットにおすすめの飲み物7選

産後の体重減少が止まらない人もいる!?

産後ダイエット成功ブログ

産後体重が戻らないというのも大きな悩みですが、体重減少が止めらないというのも不安ですよね?

もしかしたら何かの病気なのかもと心配になってしまいます。

産後の体重減少が止まらない場合は2つの可能性が考えられるといわれています。

1つは、母乳の生成に対して赤ちゃんの成長が早く、ママの栄養が外に出ていくため痩せていくという理由によるものです。

赤ちゃんの母乳の飲みが良くなっている、多くなってると感じる場合はこの可能性が高いです。

この場合は、栄養のあるものを意識して摂り入れていきましょう。

ダイエット

もう1つの可能性は、甲状腺の病気によるものです。

甲状腺は、のどぼとけの下にあり、甲状腺ホルモンを作っています。

甲状腺ホルモンは、体の代謝や精神活動などを活発にする重要な働きをしているのですが、出産後の女性の約20人に1人が甲状腺の機能異常が現れるといわれています。

20人に1人ってかなり高い確率ですよね?

女性の10%に甲状腺炎症の病気(橋本病)が見られるといわれていますが、検査しないと分からないため、見過ごされたまま妊娠・出産を迎えることになります。

妊娠中は、免疫系が胎児を異物とみなすことのないように、母体の免疫反応が抑制されるので、橋本病の炎症もおとなしくなります。

でも、出産後は免疫抑制がはずれ、リバウンドで橋本病の炎症が悪化し、甲状腺が腫れて甲状腺が破壊されます。

甲状腺が破壊されると、貯えられていた甲状腺ホルモンが大量に血液中に放出され、甲状腺ホルモンが過剰になります。

その結果、体重減少・暑がり・発汗過多・食欲亢進・いらいら・手の震え・脈が速いなどの症状が引き起こされるといわれています。

赤ちゃんの母乳の飲みはそんなに変わっていないのに、体重減少が止まらないというママは、一度病院で診てもらうことをおすすめします。

まとめ

産後の体重はいつ戻るのかと気になりますが、産後の体重の戻り方は完母・完ミ・混合かどうかや、年齢にもよります。

産後の体重戻りが1~3カ月で妊娠前に戻るなど、理想通りに行けばいいのですが、減らないと焦ると逆にストレスになり、体重が増えることもあります。

母乳育児の人もミルク育児の人も、バランスのとれた食事に心がけ、無理のない程度に運動を取り入れていきましょう。