ダイエット

ママにとって産後に一番気になるパーツがお腹ではないでしょうか?

お腹は小さくなったけど、伸びきった皮にたるみが出て、見た目がだらしなくなっている。。

そんなママのも多いと思います。

ここでは、産後のお腹の皮とたるみをスッキリさせる「産後のお腹痩せ方法&運動」をご紹介します。

スポンサーリンク

皮とたるみをスッキリさせる方法

ダイエット

妊娠で少しずつ伸びていたお腹の皮は、出産後かなり目立ってしまいますよね?

でも、安心してください!

お腹の皮も産後の体と同様、多少は多少かかりますが元に戻ります!

妊娠して皮が少しずつ伸びていったように、出産後の身体に合わせて伸びた皮は徐々に戻っていきます。

産後のお腹の皮やたるみをスッキリさせるには次の2つの方法が効果的だといわれています。

ダイエット

● お腹回りの運動運動

● 保湿&マッサージ

妊娠~出産までは、お腹に負担をかける運動を避けてきたこともあり、ママの筋肉はかなり落ちています。

また、産後は身体の回復と共に食欲も出てくるので、食事の量も自然と増え、摂取カロリーが増えます。

母乳の為にも、食べ物で栄養をきちんと摂ることは必要なのですが、運動をせずに食べ物だけを増やすと摂取カロリーがオーバーしてしまうことに。。

母乳に代わることにできなかった栄養は脂肪として蓄積されるので、放っておくとぽっこりお腹になってしまいます。

ダイエット

食事で取り入れたカロリーやついてしまった脂肪を燃やすためには、筋肉を増やす必要があります。

そして、筋肉を増やす為には運動する必要があるのです。

まずは、産後すぐからできる「産褥(さんじょく)体操」を取り入れて、体に負担をかけずに筋肉を増やしていきましょう。

>>産後直後からできる「産褥(さんじょく)体操」はこちら

また、運動で筋肉をつけて内側からお腹痩せをするのと同時に、保湿&マッサージで皮膚の新陳代謝を促進し、お腹の皮やたるみを引き締めてあげることも大切。

ダイエット

お風呂上がりにボディジェルやクリームを使ってマッサージすると、血行が促進され、潤いの浸透率も高まります。

お腹の皮膚に栄養が行き届くと、肌細胞が活性化され、ハリと弾力のある若々しい肌になってきます。

妊娠線対策のストレッチクリームには、産後の肌に必要な栄養や妊娠線を改善・予防する成分が含まれているので、お腹の皮&たるみケアと妊娠線ケアが一気にできますよ!

>>妊娠線クリームランキングはこちら

スポンサーリンク

産後のお腹ダイエットはいつからして大丈夫?

ダイエット

産後ダイエットとしてお腹周りに効果的な運動を取り入れたいと考えている人も多いと思いますが、いつから始めて大丈夫なのか気になりますよね?

産後お腹まわりダイエットの運動は、一般的に産後2~3カ月目から始める人が多いようです。

ただ、産後の身体の回復には個人差があり、無理は禁物です。

産後1ヶ月は身体を癒すことが第一優先なので、焦らず最低でも1ヶ月は待ってから産後ダイエットを始めましょう。

心配な人はかかりつけの医師に相談してOKが出てから始めることをおすすめします。

授乳中のママについては、激しい運動をすると母乳に影響し、止まってしまうことがあるので激しい運動は避けるようにしましょう。

先ほどご紹介した「産褥(さんじょく)体操」は、身体への負担が少なく、腹筋を含めたインナーマッスルを徐々に鍛えていくことができます。

産後のお腹のたるみを解消するダイエットを考えている人は、まずはこういった軽めの運動からスタートしてみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

産後のお腹回りダイエットのポイントは「保湿&マッサージ」による外側のケアと、腹筋を鍛える内側のケアが必要になります。

産後の身体の回復には個人差がありますので、無理をせず、徐々に身体を慣らしながら進めていきましょう。