ダイエット

母乳をあげていると痩せる

こんな噂をよく聞きますよね?

ただ、産後ダイエットを行いながら母乳をあげている人のブログなどでは、

「3カ月で○キロ痩せた」などの成功エピソードと同様、「母乳をやってても痩せない。。」という話も聞きます。。

ここでは、

★ なぜ母乳をあげていると痩せるの?

★ いつまで痩せるの?

★ 何キロカロリー痩せるの?

など、授乳で痩せるメカニズムについてみていきたいと思います。

スポンサーリンク

なぜ痩せる?母乳をあげると痩せるメカニズム

ダイエット

ママの体は赤ちゃんが乳首を吸う刺激を感じると、オキシトシンというホルモンを分泌します。

このホルモンの作用により、乳腺の周りの筋肉が収縮し、母乳が乳房からポンプのように押し出されます。

そして母乳が乳管という管を通り、赤ちゃんの口の中に入ります。

この一連の動きによって、1日に800~1000キロカロリーが消費されるといわれています。

なんとこれ、1時間以上ジョギングをした際に消費するカロリーと同じなのだそう!

授乳によってどれだけ多くのカロリーが消費されているのかが分かりますよね?

運動をしなくても、これだけのカロリーが毎日消費されるので、完全母乳育児や混合育児をしているママは完ミのママと比べて痩せやすくなります。

完母育児と混合育児を比べた場合は、やはり母乳の生成・排出量の多い完母の人の方が痩せやすくなります。

スポンサーリンク

母乳で痩せるのはいつまで?

ダイエット

母乳で痩せる時期は一般的に、産後1ヶ月~6ヶ月だといわれています。

というのも、母乳がスムーズに出はじめるのが産後1ヶ月目くらいで、産後7ヶ月頃からは離乳食が本格的に始まるからです。

離乳食は5ヶ月くらいから始まることもありますが、最初のうちは母乳が主食になります。

6ヶ月目で離乳食に慣れてきて、7ヶ月目からは完全に離乳食になるといったパターンも多いようです。

ということは、産後の半年が母乳ダイエットの勝負時期といえますね!

スポンサーリンク

母乳をあげることで何カロリー減るの?

ダイエット

先ほどもお伝えしたように、1日母乳をあげることで800~1000キロカロリーが消費されるといわれています。

これは、1時間以上ジョギングをした際に消費するカロリーと同じだといわれています。

運動せずに、しかも身体に負担をかけないで産後にこれだけのカロリーを消費できる行為は他にないでしょう!

母乳育児をしているママは、産後1ヶ月~6ヶ月の母乳期間が最高のダイエットチャンスになります。

そして、母乳ダイエットを成功させる一番のコツは「母乳に良い食事を心がけること」。

ダイエット

母乳の質と量を上げることで、赤ちゃんがゴクゴク飲んでくれるようになるので、それだけ痩せやすくなります。

食事制限をするよりも、ずっと効果的な方法ですよ!

>>産後母乳ダイエットにおすすめの食事・レシピはこちら

産後ダイエットで母乳が出なくなった場合

ダイエット

産後ダイエットで母乳が出ない。。

こんな悩みに直面しているママもいるのではないでしょうか?

そんな人は食事内容を見直してみましょう。

食事内容や栄養に偏りはありませんか?

食事制限をしていませんか?

母乳は血液からできています。

食事で十分な栄養が摂れないと、血液が作られず、母乳が少なくなったり、出なくなってしまいます。

また、脂っこいものや甘いものが多い食事だと、母乳が詰まりやすくなり出にくくなります。

この状態が続くと乳腺炎になりママの体にも負担がかかりますし、赤ちゃんも母乳を飲みにくくなるので気をつけましょう。

まとめ

母乳ダイエットを成功させる鍵は母乳に良い食事を心がけること。

授乳は身体に負担もかからないですし、母体の回復も早めるので良いことだらけです。

血液を作り、身体の巡りを良くする栄養を積極的に取り入れていきましょう。