えっ!?ホントに!

産後の体型や体重の変化に驚いているママも多いと思います。

ここでは、産後の体型や体重の変化を見ると共に、産後のお腹ケアやダイエットについてもみていきたいと思います。

スポンサーリンク

産後体型・体重の変化

一般的に産後の体型や体重の変化はマイナス4~6キロだといわれています。

妊娠すると次の理由から体重が増えます。

① 胎児:3キロ
② 羊水と胎盤:1キロ
③ 乳腺の発達、血液、水分、脂肪等:3~4キロ
  =7キロ以上

これらが出産と共にスッと減るのかと思いきや、妊娠中に増えた体重がなかなか減らないという方も多いですよね?

産後すぐは胎児と羊水、胎盤が外に出るので4キロほど体重が減ります。

この他に蓄えられていた水分も徐々に体外にでるので、もう少し体重の減少があります。

ただ、ここからはなかなか体重が減らず。。これには③が大きく関わっています。

妊娠中は胎児を守るためにお腹や腰回りに脂肪がつきます。

また、妊娠を維持する為に水分や血液が増加し、乳腺も発達します。

これらが体重としても残り、これらを元通りにするには努力が必要になります。

産後は体が十分に回復しきっていおらず、赤ちゃんに付きっきりで子育てが必要になるので殆ど出歩くことがありません。

その為、1ヶ月で残りの体重を全て落として元の体型に戻ることはごく稀でしょう。

東北文化学園大学 看護学科の報告によると、妊娠中に蓄積した体脂肪を産後6ヶ月の間で1ヶ月0.5~1.0kgの割合で徐々に減少させることが健康維持には望ましいようです。

1ヶ月で1kg落としたとしても、妊娠中に増えた体重を減らすのに+3ヶ月はかかりますよね?

1ヶ月に0.5kgの減少だと+6ヶ月はかかります。

産後の肥立ちが悪く回復に時間のかかる人や水分の排出が上手くいかずむくみやすい人もっと時間がかかるでしょう。

そう考えると、健康的に痩せる為には産後はゆるやかに体重を落としていくのが良いかもしれませんね。

参照:産後10か月女性の体重復帰と母乳率、食習慣及び美意識の関連

スポンサーリンク

産後お腹ケアとダイエット

ダイエット

先ほどお伝えした通り、産後は産後は胎児や羊水、水分などが一気に出ます。

するとお腹は空気の抜けた風船の様にたるみ、まだ落ちていない脂肪の重みで一気に下がります。

産後は運動をすることも少ないので脂肪は落ちず、そのままになってしまいます。。

そんな産後のお腹をケアするのにおすすめなのが「産後ガードル」。

産後トコちゃんベルトで痩せた!いつまで?つける位置と効果は?

産後ガードルならつけるだけなので簡単ですし、運動もいりません。

出産後は赤ちゃんの面倒に忙しいママにとって、これは助かりますよね!

産後ガードルは骨盤矯正にも役立つので、骨盤や骨盤内にある内臓などが元の位置に戻りやすくなります。

骨盤や骨盤内にある内臓などが元の位置に戻ることで、体の機能が正常に戻り代謝も整いやすくなります。

産後に不安定になりやすい腰回りも安定するので、「できるだけ早く体を回復させて運動をしたい!」という人にもおすすめです☆彡

【関連記事】産後トコちゃんベルトで痩せた!いつまで?つける位置と効果

まとめ

産後は自分の体型や体重にビックリする女性も多いですよね?

でも、その変化はある意味自然なものなのかもしれません。

10ヶ月で変化した体型や体重を一瞬で変えるのは現実的に難しいですし、健康的に痩せる為にも産後6ヶ月は無理のないダイエットをしていきましょう。

スポンサーリンク